So-net無料ブログ作成
検索選択

少年サッカー審判 何故、死ぬ必要があったのか

スポンサーリンク






yahooニュースより引用

少年サッカー審判、イエロー出したら17歳に殴られ死亡

スポーツ報知 5月7日(火)7時4分配信



 米ユタ州ソルトレークシティーの警察は5日までに、同市での少年サッカーの試合で、イエローカードを受けて腹を立てた17歳の選手が、審判を殴って死亡させた、と発表した。

 発表などによると、審判はリカルド・ポルティージョさん(46)。4月27日に同市の中学校で行われたサッカーの試合中、フォワードを手で押したゴールキーパー(GK)にイエローカードを提示し、警告した。直後に時間などを記録していた際、側頭部をGKに殴られたという。

 目撃者によると、ポルティージョさんは、しばらくして倒れ込み、血を吐くなどしたため、救急車で病院に運ばれた。搬送後に意識不明となり、1週間後の5月4日に死亡した。脳内出血があったとみられる。


 殴ったGKの17歳少年は、取り調べを受け、暴行容疑で少年拘置所に収容された。被害者が死亡したため、近日中に新たな容疑が加えられ、起訴されるという。

 遺族は、死亡後に会見。娘らによると、ポルティージョさんは8年間、リーグで審判を務めていた。試合中の負傷は初めてではなく、7~8年前には、ジャッジを不服とした選手に足をけがさせられ、5年前には同様にあばら骨を折られたという。娘は「危ないから辞めてくれるように言ったことがあるけど、父はサッカーを愛していたので、続けていました。それ以上、『NO』とは言えなかった」と涙ながらに話した。



これは悲惨ですね
試合中に熱くなって、審判に暴言を吐くならまだしも殴蹴るなどの暴行は悪質ですね


スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。